企業情報 販売
導光板技術 製造工程 発展経緯 導入事例 会社概要 求人情報 導光板 ライトパネル LED非接触
ヒートシンク
防災対策
バッテリー
導光板対応
LEDBAR
アクリル素材加工
プラスチック

導光板の発展経緯

昭和61年 導光板の開発
昭和63年 導光板を利用した、薄型看板として採用される
従来約40~50cm厚から約5cm厚まで薄型化
平成元年 液晶用バックライト向け素材として「導光板」の製造販売
松下電子部品へワープロ用バックライトとして採用
松下電器産業へ全機種導光板採用
東芝パソコン「DynaBook」へ採用
ELに代わる圧倒的な明るさでNo.1シェアーを確立
エッジライト方式が液晶バックライトの主流として認知されるきっかけになる
平成3年 カラーのテレビやパソコンの普及によりカラー液晶用高輝度バックライトの開発
◆液晶テレビ
エッジライト型は液晶部品の縁のみに
エッジライトを設置することにより、
LED自体の数を減らす事で更なる省エネ効果を得る
また、これにより大幅な薄型化を実現

◆携帯電話
携帯電話向けの薄型導光板の採用
これにより眩しい太陽光の下でも暗闇の中でも
同じように明るく表示できる
スマートフォンなど薄型携帯電話の登場により
シート型導光板として液晶用バックライトに移行
株式会社デルプラス設立
平成24年 両面発光導光板の開発
1枚の導光板で両面を均一に発光し、表裏の輝度差がほとんどなく
スリムなデザインが可能かつコスト削減
現在
用途対応
照明などのデザイン性が含まれるものへの着手
大型看板等の着手



「想い」をカタチにするものづくりで多角化への道を志し、常に新しい技術の創造、開発を目指す企業を目標としています。
技術・製品開発に力を注ぎ付加価値の高い製品を供給するべく社員一丸となり取り組んで参ります。

お気軽に御相談下さい サンプル(試作品)や特注品1個~大量ロットまで対応いたします。
06-6392-8887 営業時間 9:00 - 17:30
定休日 土曜日・日曜日・祝日
E-mail info@dlplus.jp
未来が変わる日本が変える
Copyright (C) DLPLUS Co,.Ltd. All Rights Reserved.